かわいいけど難易度高い スーパーモンキーボール デラックス

スーパーモンキーボール・デラックスはセガの作品という事もありカラフルな風景が印象のゲームです。元は他機種で発売されたゲームで基本的にはボールの中に入ったサルを操作して定められたコースを時間内にクリアしていくタイプのゲームになります。

本編に関しては正直にいって、他機種版をお奨めします。もちろん個々の評価に違いがあるとは思いますが、全体的には気にならないという部分も細かい部分を気にしだすと他機種の方が楽しめるという印象があります。

PS2のスーパーモンキーボール・デラックスのお奨めできる箇所は、なんといっても豊富なミニゲームの数だと思います。全部で12種類のゲームがあり、友達同士や家族でわいわいと楽しむにはお買い得ともいえる特徴が目立っています。

12種類のミニゲームも単純に付録という感覚でとらえていると良い意味でかなり裏切られます。

特にモンキーレースやモンキーファイトをはじめ熱くなるタイプのゲームもありますし、モンキーターゲットやゴルフ、ビリヤードなど様々なジャンルのゲームが楽しめる魅力的な作品に仕上がっています。

肝心の本編に関しては先ほども述べている通りに前作の方がより楽しめた感覚はありますが、各面の楽しみという意味では充分に期待通りの作品となっていることからも少々残念な部分も見当たります。

また、本編やミニゲームで使用をするキャラクター男の子サルのアイアイとアイドル的な存在のミーミーの他に赤ちゃんのベイビーと力持ちのゴンゴンのどれかを使用する事になるのですが、狭い道などを考えると実際にはどのキャラクターを使用しても差はないのかもしれませんが、小さな体のベイビーが最も扱いやすく、身体の大きなゴンゴンでプレイをすると精神的な面と画面が塞がっているように見える事からより難易度が高くなっているような感じになります。

このゲームは本編を楽しむのが基本なのですが、少なくともPS版のスーパーモンキーボール・デラックスに関しては、友人や家族と遊ぶミニゲームが充実しているので、ミニゲーム目当てで購入をしても充分に楽しめる作品だと思います。